パソコンをリニューアル!

2009年くらいにソーテックで購入したBTOパソコンの全面リフレッシュが完了しました。

  • OSがVistaで古い
  • システムドライブがHDD(7年目)で読み込み遅い
  • USB3.0が普及しているのにマザーボードが非対応
  • Windows10が案外快適そう
  • グラボ(GeForce 8600GT)よりも最新のオンボードGPUの方が性能が良いらしい

ということを理由にパーツ交換をしました。PCケースはそのまま。

交換前

マザーボード : ASUS LGA775 P5K31-VM/S
CPU : core2duo E8300 2.83GHz
メモリ: 2GB×2
HDD1個、DVDドライブ1個

交換後

マザーボード : ASUS LGA1151 H170M-PLUS
CPU : i5-6600 3.5GHz
メモリ: 8GB×2
SDD+HDD、Blu-rayドライブ

 

うむ。完全に別物です。
SATA2やUSB2.0にしか対応していなかったマザーボードがSATA3やUSB3.0に対応し、データ転送が早くなりました。

ちなみに予算の関係で「HDD+WindowsVista」を「SSD+Windows10」に変更しただけで1ヶ月位使用した後、にマザーボード+CPU等を変更しましたので、Windows10が電話での再認証になりました。

聞かれたことは「Windows10のhome版のUSBのものを購入していて、使用するPCは1台だけか」という確認だけ。すんなり再認証となりました。

最近Windows10で、PCの構成機器変更をした場合に再認証されないことが話題になっていますが、あれは無料アップグレード版の話で、パッケージ版は問題なさそうです。なにせこんなに構成変更しても大丈夫だったので・・・。

面白いもので起動時間だけは旧構成+SSD+Windows10の方が現構成+SSD+Windows10より速く、どうもBIOSの進歩で昔よりも最新マザーボードのBIOSの方が機能が増え容量が大きいので読み込みに時間がかかっている為、こうなるということのようです。

まぁ2,3秒の差程度で、HDDでの起動に比べればめちゃくちゃ早いです。起動時間の短縮だけならCPU交換よりも、HDDのSSD化の方が絶対に良いです。これだけは間違いないです。

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ