社員のメールは監視されています。

2005年6月10日のCNETJapanの記事によると


従業員数が1000人以上の企業の63%が、社外へ送信される電子メールの閲覧や分析を目的に人員を雇用している、・・・(中略)・・・電子メールセキュリティを専門とするProofpointが米国時間6日に発表した同調査結果によると、36.1%の企業が電子メールを監視するための人員を既に雇用しており、26.5%がそのような人員を将来雇用する予定だと回答している。記事全文

・・・とのことです。

これはアメリカでの調査なので日本でどうかは分かりませんが、アメリカの大企業は社員のメールを会社側が監視しているそうです。企業秘密を守るためだそうです。
ぱっとこの記事を見たときは、「うわぁ!プライバシー関係なし??」とか思いましたが、仕事に使うために会社から割り当てられたアカウントでのメールなら仕方ないですね。ちゃんと仕事しなさいってことでしょう。

でも、社員が個人的に持っているメールアドレスとかまでチェックしているのであれば、大問題な感じです。

ところで、メール監視をするための人員の雇用って…。メール監視するためだけに雇用された人は一日中メールチェックしているのでしょうか??社員の送信したメールを一通も逃さず読むとか…(;゜0゜) 

コメント

  1. Norah より:

    Unknown

    たしかアメリカは法律で電子メールの保存が義務付けられていたと思うので。すべてチェックするのではなくて機械でヤバゲなメールをチョイスしてそれをチェックするんだと思いますよ^^。

    もしかしたらうちの猫は魚の骨を引っ掛けている可能性も、そういえば以前もあったんですよね^^。鼻が濡れているんで熱は無い見たいですし、目やにとかもないので、とりあえず今週いっぱい様子見です。

  2. けめ より:

    Unknown

    やっぱり、一度機械に通すんですね~。さすがに1通1通人の力で目を通してたら大変すぎですね…。

    ネコちゃんの具合よくなるといいですね♪
    なんか「~ですね」ばっかりのコメントになってしまった…。

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ