インフルエンザにかかってわかったこと

インフルエンザになりました。A型インフルエンザです。
39℃位の熱が続いて死ぬかと思いましたが、タミフル効果か今は大分回復しております。色々言われているので薬は患者と相談して出すようにしているそうで、「副作用でいろいろ言われているタミフルか、ちょっと特殊ですが今のところ大丈夫なリレンザか」といわれてタミフルを選択しました。なんという恐怖の選択・・・。

というわけで気づいたことまとめ。

1,発熱から24時間(最短でも12時間)たたないと簡易検査でインフルエンザウイルスが検出出来ない。

 これくらい時間がたたないとインフルエンザウイルスが繁殖しない為、ウイルスを検出できない可能性が高いそうです。又、24時間経過した後に検査したとしても検出率は70%程度と決して高くなく、検査キットの性能は完璧でないので気をつけて欲しいとのことでした。・・・まぁ私はしっかりA型陽性がでましたが
 そんな理由から、発熱してすぐに相談の電話を病院にしても「24時間は市販の薬を飲んで様子を見て、熱が下がらなければ診察にきて下さい」と指示されます。電話せずに病院に行っても結果は一緒で、24時間後に出直してこいと指示されますので気をつけましょう。行くだけ無駄です、心配なら電話相談が良いと思います。

2,簡易検査は綿棒みたいなのを鼻の奥につっこまれて粘液を採取して行う。

 簡易検査だから楽だと思っていたら泣きます。まぁ楽ですが。綿棒のような細ながーい棒状のものを鼻の奥の方までつっこまれます。「3秒で終わりますよ~」と連呼されつつ我慢するわけですが、涙がいっぱい出ます。

3,新型か季節性のインフルエンザかは簡易検査では分からない

 タイトルのままです。季節性インフルエンザも新型インフルエンザも同じA型インフルエンザだそうで、簡易検査で分かるのはA型かB型かまで。新型なのかどうかは遺伝子レベルの検査をする必要があるそうす。
 周りの人で新型インフルエンザになったと言っている方がいれば、正確には「新型かどうかは分からないけれども季節性インフルエンザの流行時期でない今、A型インフルエンザにかかったということは新型である可能性が高い」となると思います。

4,やたらと、心配しなくても治る旨説明される。

 プラシーボ効果を狙っているのか、それとも・・・。ある意味怖い気もするのですが、やたらと何回も「薬を飲まなくても治るレベル」「若いし大丈夫」「ほっといても治るけど一応薬出す」みたいなことを言われました。まぁ、実際治ったので良いのですが。

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ