Firefox2.0の新機能2

◎検索プラグインの管理ができるようになった

以前は拡張機能を利用しないと、検索プラグインの並び替えはできませんでした。それがFirefox2.0では「検索バーの管理」と言うメニューが、検索窓の所をクリックすると出てくるようになり、そこから並び替えをすることができます。

 

◎検索プラグインの追加が簡単になった

Firefox用検索プラグインを用意してあるサイトに行くと、下の画像のように検索窓が光ります(青っぽく)。

 

そこで、検索窓をクリックしてやると「検索プラグインを追加」するメニューが表示されています。これをクリックすることで、簡単に検索プラグインを追加することができるようになりました。

◎ライブブックマークならぬ”ライブタイトル”とかいう新機能が追加になった

これが何というか、非常に説明しづらいというか(汗)な感じの新機能です。普通Webサイトをブックマークすると、下の画像のようにそのページのタイトルが表示されます。ここまでは、今までと同じです。何にも変わりません。

ただ、Firefox2.0からはサイトごとに、そのサイトに対応した「Microsummary Generator」というのをインストールしてからブックマークすると、下の画像のようにそのページの最新情報部分をタイトルとして取得し、表示することができるようになります。…とたぶんこんな感じです。

「Microsummary Generator」というのはxmlファイルなのですが、これはそのサイトの管理人でなくても作ることができ、配布することも可能です。

上の例ではGertrudさんのところで”「wikipediaの今日は何の日」の「一番上の文字列」を取得して表示するように書かれた「Microsummary Generator」”をインストールしていたので、ブックマークのタイトルに「マリー・アントワネット処刑」と表示された。という事みたいです。

現在この「Microsummary Generator」を配布されているのは

Gertrudさんの
Wikipediaの「今日は何の日」を表示するもの
→del.icio.usの hotlistを表示するもの

えむもじらさんの
→Yahoo!ファイナンスの個別銘柄ページから株価情報を持ってきて表示するもの

sks blogさんの
→価格.comの、最新の最安値情報を表示するもの
Yahoo!天気のピンポイント天気を表示するもの

等があります。

自分で作ってみようかなぁ~という方は
Creating a Microsummary – MDCで。

ライブタイトルという名称なので、RSSとか関係あるのかなぁと思ったら、あんまり関係ないようです。何というか、簡易版アンテナとして使えるかもしれません。
とはいえ、現状ではMicrosummary Generatorがほとんど配布されていない上に、説明もわけ分からないですし、Microsummary Generatorをインストールしてからブックマークしないといけないのでめんどくさいかもしれません(汗)

もしかしたら私が気づかないだけで、なんかすごい使い方があるのかもしれないですが……。

コメント

  1. 儲かる銘柄紹介。

    銘柄とは、一般的に「市場で取引の対象となる有価証券や商品のこと」で、個々の株式を銘柄とは呼びません。

  2. dynamis より:

    Microsummary Generator
    極めてどーでも良いレベルですが、ちょっと目に入ったので一言。(^^;
    Web ページから情報を抜き出す xmlファイル(XSLTもどき)のことは Microsummary ではなく、Microsummary Generator と呼びます。
    生成された(抜き出された)テキスト(あるいはこの技術そのもの)を Microsummary と呼び、それをブックマークのタイトルとして表示する Firefox 側の機能のことを「ライブタイトル」と呼びます。

  3. けめ より:

    dynamis さんへ
    コメントありがとうございます♪
    名称に関しては、何がどれを指すのかよく分からず混同しておりましたので、ご指摘には大変感謝しております。
    本文の方も修正いたしました。

    これからも、なにか変なところがありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ