なぜFirefoxが日本で普及しないのか

なぜFirefoxは日本では普及しないのか – スラッシュドット ジャパン

Firefoxはヨーロッパではすでに約20%、北米でも約15%のシェアがあるのに日本では4%程度のシェア……。なんで!? っていう記事。

そもそもFirefoxの知名度じたいあまり高くないですよね…。プロバイダとかのサイトで「インターネットの基礎知識」みたいにまとめてあるところを見ると、IE意外のブラウザとして紹介してあるのはNetscapeですし。

もしネスケが紹介されていることで、IE意外のブラウザに興味を持ったとしても、Firefoxのインストールにまで思考が行く人は少なそう。初心者向けにFirefoxのことがまとめてあるサイトやコミュニティってないと思うので、MozillaとFirefoxがどう違うのかすぐには分からないですよね
それにネスケがFirefoxをもとに作られているとか言う情報をどこかで手に入れたりしたら、もうわけわかんなくなります……(ネスケを使えばいいという風に思われる)

だれか Firefoxまとめサイト 初心者版 みたいなの作らないかなぁ~(他力本願ですね(笑))。

Firefoxのシェアを上げるには入門的サイトがあるといいとは思いますが、やはり日本では一種のブームにでもならない限りシェアアップは無理かとも思ったりします。
いっそのことFirefoxのライセンスを招待制にして飢餓感をあおってみるとか、アップデートごとに偉いさんが出てきて「one more thing…」とか言ってみるとかどうでしょう(笑)

コメント

  1. ベビドル より:

    やはり謎の招待状でしょう
    やっぱり謎めいた演出で目を引いてそこでFirefox関連の新製品を発表とか?

    っていうかけめさん日本でFirefoxを広めようサイトを作りましょう。基本は「ばんぺ~ゆっ♪」でそこからFirefoxネタのみを拾ったFirefox専用ページとか

  2. けめ より:

    ベビドル さんへ
    Firefox専用ページですか…。
    自分の好きな気ままな記事 + ネタがないときのFirefox拡張紹介(笑)でなんとか更新できてる「ばんぺ~ゆっ♪」ですからね~。
    でも、ブログのFirefox関係の内容をホームページでまとめるのもおもしろそうですね。う~む。

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ