古畑任三郎ファイナル 第1夜 (ネタバレ)

(チャーララ、ララ ラ、ラララ ラ~)
皆さん、こんにちはけめです。
えぇぇ~今回の古畑任三郎、ご覧になりましたかぁ?。なかなか良かったです。
駄文を長々と書きますがネタバレしてるので、ビデオ録画の人はこれより下の文章を読まないことをおすすめします。
けめでした。

…と、似てないものまねはおいといて(笑)1月3日放送の古畑任三郎第1夜「今、甦る死」はなかなか面白かったです。

古畑任三郎ではゲストの俳優が必ず犯人なので放送を見るまで、私は今回も第1夜はゲストである石坂浩二と藤原竜也のお2人が犯人だと思ってました(つまり共犯なのだろうと)。
しかし放送が始まってみると、殺人を犯すのは藤原竜也ただ1人…。しかも、放送開始後1時間半くらいまでには、完全に石坂浩二は犯人ではなくただの友情出演だと思い込むくらいの内容でした。

しかし、放送開始1時間40分くらいのところで容疑者の藤原竜也演じる堀部音弥が、なんと死んでしまいます!( ̄∇ ̄ ;)

もちろん、落ち込む古畑…。今回の古畑任三郎は容疑者自殺で終わるのか?と思いましたとも。もう私は完全に、石坂浩二が”ゲスト” として宣伝されていることを忘れていました。
この後、あるシーンで古畑がひらめくのですが、私も一緒に閃きました。この石坂浩二が真犯人である可能性に自分の考えが行き着いた瞬間が、なんかやられた~って感じになりました(笑)

しかし、石坂浩二の犯行は完全犯罪です。証拠も何もありません。よって、今まで1時間40分以上見せられてきた事件の容疑では、石坂浩二の逮捕はできませんでした。
そこで出てきたのが、この第1夜のタイトル「今、甦る死」でした。15年前に石坂浩二が犯した、今回の事件のルーツとなるような事件があり、その容疑で逮捕してお話は終わります。でも刑事事件の時効って15年くらいでは…?ぎりぎりセーフ?

まぁ、「実際にあんな計画殺人無理せんやろぉ~」とか「最初に見る犯行シーンの犯人(藤原竜也)しんでもうてるやん!」とか「古畑がトリックを暴いて、藤原竜也をある程度追い詰めることなんて、計算できないやろ~」とか「なんで、記念碑の下に死体があるって分かんねん!」など、ツッコミどころは満載ですが…。

明日はイチローの登場です「古畑任三郎ファイナル 第2夜フェアな殺人者

◎公式サイト
古畑任三郎 ファイナル

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ