来年の1月1日は「うるう秒」だそうです。

ITmediaニュースによると


うるう秒は、地球の公転・自転に基づき時刻を決める「天文時」と原子時計とのずれを修正するもの。2006年1月1日の日本標準時午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「午前8時59分60秒」を挿入することが決まっている記事全文

とのこと。

で時報サービスの「117」は午前8時58分20秒から午前9時までの100秒間の秒音間隔を100分の1秒ずつ長くするそうです。
…う~ん、たぶん100分の1秒長くなっても耳ではわからないですね。

とりあえず8時58分に時計をあわすのだけはやめましょう!確実に1秒ずれます(笑)

コメント

  1. 平成18年1月1日「8時59分60秒」

    来年の元旦は・・・

  2. Picaso より:

    時報に期待してたのに
    こんにちは。
    「午前8時59分60秒をお伝えします」が聞けなくて残念。。。
    時報コメントを変えてしまうと、みんなが聞こうとして回線パンクするからですかね。

  3. けめ より:

    Picaso さんへ
    コメントどうもです♪お返事がだいぶ遅くなってしまいました(汗)

    確かに「午前8時59分60秒をお伝えします」を聞いてみたいですよね。でもうるう秒を知らない人がいきなり聞いたら、かなり混乱しそうです(笑)
    それはそれで面白いですけど。

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ