いろいろと

◎ 昨日は
昨日は衆議院選挙がありましたね~、夜遅くまで開票速報をやっていました。
うちの近辺はもともと野党系が強く、最近では民主党公認の候補がいつも当選されていたのですが今回は小泉旋風にやられて珍しく自民党公認候補が当選されていました。

◎ 棚ぼた議席
東京では自民党が小選挙区で勝ちまくったために、比例名簿に載せた人全員が当選してしまい、当選枠が余ったので1議席分社民党に振り分けられたそうです。当選枠が余るくらいの大勝ですか・・・、すごいですね。

◎ 大きな意味を持つ与党で3分の2の議席
今回の選挙では自民党と公明党で327議席を取り、与党で衆議院の3分の2の議席を取る結果になりました。この与党で3分の2という数字がかなり偉大な数字です。もし、参議院で法案が否決されても、衆議院でもう一回3分の2以上の賛成を得て法案が可決されると参議院の結果に関係なく法案が成立するそうです。つまり参議院を無視できるようになったということですか・・・。
自分探しの旅というブログさんの記事に他にも3分の2以上の議席が必要な事柄が書かれています。3分の2以上の議員の賛成があると、通常は公開されている議会を非公開で開く秘密会にすることができたりするようです。

◎ ホリエモンは・・・
ホリエモンこと堀江貴文さんは落選でした。まぁ、仕方ないですね。
この選挙区でおもしろいのは、投票カードに「ホリエモン」と書いても有効票と認められたところです。そんなんでオッケーなん!?ってかんじです(笑)
でもここでも上手をいったのは亀井さんです。なんと「カメさん」「しずかちゃん」が有効票として認められているそうです・・・。記事

コメント

  1. ◆必要性のない郵政民営化・解散の選挙費用。地方自治体職員の給与を支給しないことは違法??

     今回の小泉解散問題について、地方議員としての精算をしようと考えています。
    2005.9.11(衆議院総選挙の投票日に当たって)
    ◆地方公共団体(自治体)は、国政選挙の執行を手伝うことが義務づけられています。そして、その経費は、国がすべて支払うことになっていま

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ