電車に蜘蛛の巣

JR西日本の新快速電車にのっていたら、なんとつり革のところから天井にかけて綺麗な円形を描く直径30センチくらいの典型的なくもの巣が張っていました(°O° 😉
くもの糸がたれてる程度ならまだありえないこともないですが、くもの巣ですよくもの巣。少なくとも私は、電車内にくもの巣張ってるのを見たのは初めてです。

JR西日本の新快速電車といえば、外見ギンギンラギンの結構新しい感じの車両です。決して幽霊列車でもなく、人も結構乗ります。それなのに蜘蛛の巣が。車内の皆さんは気づいてないのか、蜘蛛の巣くらいいつも張っているものなのか、気に留めてない様子でしたが…。

それにしても、蜘蛛の巣ってどこでも張るもんなんですね~。つり革が揺れると当然くもの巣も激しく揺れるわけですが、巣が壊れたりはしませんでした。巣が壊れないのもすごいですが、そんな揺れるつり革とつり革の間にくもの巣を張った蜘蛛もすごいですね♪(なんかツッコミどころが違う気も…)

コメント欄はこちら

カテゴリー

アーカイブ